患者の血圧を測定する医者
公開履歴
血圧を測定する医者

高血圧のセミナー情報についてですが、高血圧改善フォーラムなどが定期的にセミナーなどを実施しておりますし、順天堂大学病院の腎・高血圧内科などの専門病院でもセミナーは行われています。
高血圧がなぜに悪いのかですが、そもそも血圧とは、心臓が鼓動をするたびに、心臓から送り出される血液が、血管の内壁を押す際の圧力のことです。
血液は全身の80兆個の細胞に、栄養と酸素を送り、老廃物を運びだすのですが、心臓から勢いよく送り出された血液が、血管の内壁を強く押す際の圧力を上の血圧といい、だいたい130から150程度であれば正常範囲内と言われています。
反対に、全身をめぐりめぐって心臓に血液が帰ってきた時の血液が、血管の内壁を押す弱めの圧力を下の血圧と言われておりまして、だいたい60から80程度であれば正常範囲内と言われています。
高血圧になぜなるのかというと、毎日の生活習慣の乱れによる血液の汚れなどが主な要因と言われています。
例えば、食生活の乱れ、運動不足による全身の筋肉の衰え、ストレス、酒・アルコールの取りすぎ、タバコなどにより、弱アルカリ性だった血液は酸性に傾いていきます。
そうすると血液の汚れから、血管が動脈硬化という状態になります。
動脈硬化になると、血管がかたくボロボロになります。
そのような血管になると、健康で正常な血管に比べ、全身に血液を送り出す際にいつも以上の圧力を必要となってしまいます。
これが高血圧です。
高血圧になると、血管が非常にもろくなりますので、様々な病気につながりやすくなります。
例えば、脳の血管が切れたら、脳出血やクモ膜下出血になりやすくなり、最悪、命にかかわることになってしまいます。

記事一覧
常温から大きい温度変化で起こる高血圧のリスク

高血圧は塩分の高い食事を続けたり運動不足から起こるとは必ずしも限りません。 20~25℃の常温となる場所から外気温が10℃以下の寒い場所へ急激に移動すれば、温度差による高血圧へのリスクが増え、しかもこれは老若男女問わず起こりうる可能性があります。 冬の外の様に気温の低い場所だと自律神経を刺激し、体温を一緒になって低くしないために毛細血管を収縮させる現象が起こります。 結果として寒い場所では血圧は上るといった特徴があります。 しかし室温は常温になっており、私たちがリラックスできる気温になっています。 そこから気温の低い場所に行くことで急激に血圧が上がり、脳や心臓に急激な負担がかかり、最悪の状態では脳梗塞や心筋梗塞で倒れることがあります。 また冬の風呂場や夏の冷房の効いた場所から外に出る時も同じことが言えます。 そのため冬の風呂場では着替えや洋服を脱ぐ前に脱衣所を温めたり、風呂場をシャワーで温めておくことで温度差をなくし、高血圧のリスクを低くすることが出来ます。 また冬、寒い外に出る場合はコートだけでなく帽子をかぶったりマフラーをすることで肌の露出をすくなくすることで、身体が常温だと感じるような格好にしたり、夏の冷房の効いた場所では暖かい飲み物を飲むことで身体を内側から温めることが出来、急激な高血圧に対するリスクを軽減の対策を取ることも出来ます。 生活の快適さを求めるが故に、私たちの生活はエアコンやストーブなど便利な物に囲まれるようになりました。 しかし自然を私たちの勝手に変えることは出来ないので、自然に合わせられることは合わせることで、温度差による高血圧のリスクという問題を5軽減することが出来るかもしれません。

2019年10月08日
原因による高血圧の違いと受診すべき内科の種類

血圧が高い状態が一時的ではなく恒常的に維持されてしまうことによって関連する器官に大きな障害が生じてしまうことがあります。 そういったリスクを回避するために高血圧患者には降圧剤が処方されて適切な血圧になるようにコントロールが行われていきます。 高血圧は本態性と二次性のものに分類されますが、これらはその原因による違いです。 二次性の場合には心臓や腎臓などに原因疾患があって、それによって血圧が高くなってしまっているものであり、本態性の場合にはそういった明確な原因がありません。 本態性高血圧の原因は生活習慣にあるという判断下されるのが一般的であり、治療に際しては生活習慣の改善に重きが置かれていきます。 一方、二次性の場合には生活習慣にも原因がある場合もありますが、治療方針としては原因疾患の治療が優先されます。 こういった違いが両者にはありますが、高血圧であることによって合併症のリスクを持つという点では共通しているため、降圧剤の使用を行うというのは同じです。 血圧が高いということに気づいたときには医者にかかることになりますが、その際にどの科に向かうべきかは悩むところかもしれません。 原因疾患が先にある場合には腎臓内科や循環器内科といった専門の診療科を受診するのが良い方法ですが、そうでない場合には一般内科で問題はありません。 もし一般内科で手におえないような状況であれば専門の診療科を紹介してもらうことができるからであり、まずは身近にある診療所に行くというのが先決です。 高血圧が本態性か二次性かという違いは実際に内科に通って検査を行っていくことでわかるものであるのが通常であるため、最初から専門の診療科を受診する必要は必ずしもないのです。

2019年09月08日
高血圧の末期症状・入浴の際の注意点

高血圧は自覚症状に乏しいため、気づいたら末期まで症状が進んでいたというケースも少なくありません。 健康診断で高血圧だとわかっても、医師に怒られるのが嫌だったり、減塩を言い渡されるのが嫌で、治療に積極的になれない場合もあります。 原因が特定できない本態性高血圧の末期の症状には、動機、呼吸困難、胸痛、むくみ、夜間頻尿、足の痛みや痺れ、などがあります。 これ以前の初期のサインでは、頭痛、頭重感、肩こり、めまい、耳鳴り、息切れ、などがあらわれます。 もしこれらの症状があらわれたら、早めに治療を受けるようにしましょう。 本態性高血圧に対して、他の病気によって起こる症候性(二次性)高血圧の末期症状では、腎臓の動きが悪くなったり、眼底出血、視力障害、心肥大、などが起こる危険性があります。 症候性高血圧は原因が特定できているので、本態性よりも治療に早く取り組む人が多いですが、こちらも気づかないうちに高血圧が悪化する危険性があるので、適切な治療を行いましょう。 高血圧の患者さんは、入浴の際も注意が必要です。 特に高齢者は症状が出やすいので気をつける必要があります。 入浴すると血圧が一時的に上がり、その後血管が拡張してしだいに血圧が下がります。 ここまでは良いのですが、冬場は脱衣所が冷えていて、浴室は暖かいというケースが多いので、浴室と脱衣所との温度差で急に血圧が変動してしまうことが予想されます。 また、急に熱いお湯から出て立ち上がると、血圧が急降下して立ちくらみやめまいが起こることもあります。 入浴では、脱衣所と浴室の温度差をなくして、湯温はぬるめにして入るようにしましょう。 長時間入らず、15分程度に抑えたほうが安全です。

2019年08月10日
術後の高血圧の関係について

術後の高血圧の関係についてですが、内臓の疾患などでの術後は、麻酔がとけると痛みなどが出る場合がほとんどですが、痛みが出ると脳内にある交感神経が刺激されるので緊張が高まります。 そうすると心拍数が増加し、血管抵抗が高くなりますので、結果として血圧は上昇するといわれています。 高血圧は術後に様々な合併症との関係があるといわれております。 具体的には、高血圧症の患者さんは、多かれ少なかれ、全身の血管に動脈硬化症をおこしていますので、術中・術後の脳血管性障害や心筋虚血が生じやすいです。 ですので、術後などは血圧の急上昇などを防ぐために、容体を慎重に診ながら、降圧剤の投与が必要になります。 高血圧症の一番の原因は、動脈硬化といわれており、動脈硬化を起こすと血管・血液が汚れてもろくなっている状態になっているので、全身に血液を送る力が大きく必要になりますので、血圧が結果的に上昇するといわれています。 動脈硬化の原因で最も大きなものは、毎日の生活のリズムであるといわれています。 おのおの毎日の生活のリズムや習慣は違いますが、長年の食生活のかたよりや乱れ、仕事や人間関係などからくる大きなストレス、自家用車や自転車などの便利なものを利用することにより、運動不足になり、足腰などの前身の筋肉の衰え、お酒の過剰摂取や、喫煙などなどによるものが引き金となり、血液が弱アルカリ性であったものが、酸性の汚れた状態に傾いていきます。 そうすると、血管内に汚れやプラークがたまりだしていき、長年の歳月をかけて、動脈硬化になっていきます。 動脈硬化になると、高血圧症だけではなく、高コレステロール値や中性脂肪が高まる脂血症や糖尿病などになるので注意が必要です。

2019年07月23日
心不全などの予防に血圧の安定が必要な高血圧治療

高血圧は生活習慣が原因になって生じることが多いというのが世の中によく知られるようになりました。 食生活の欧米化と運動不足が原因となっていると考えられており、塩分の摂取の影響も生活の中にある大きなリスクファクターです。 その予防に向けた情報発信や高血圧そのものに関する病態やリスクについての情報提供が活発に行われてきた結果として、現在では高血圧は様々な合併症を伴うリスクの高い疾患であるということも認識されるようになってきています。 合併症として知られているのは動脈硬化や心不全、腎不全といったものであり、いずれも血圧が高い期間が長く続くことによって起こるものです。 血圧が高い状態は血流にかかわる血管や心臓、腎臓といった器官に大きなストレスをかけることになり、その蓄積が合併症をもたらすことになります。 血管へのストレスにより血管壁が厚くもろくなるのが動脈硬化であり、心臓や腎臓への継続的な負担によって機能低下が生じてしまうのが心不全や腎不全です。 心不全や腎不全が原因となって高血圧が生じるという場合もあり、これらの器官が密接に関わり合っているということを如実に表しています。 高血圧の治療においては安定して血圧が低い状態を保てるようにするということが目指されます。 そうすることによって各器官がストレスを受けない状況を保つことでき、合併症のリスクを低減させることができるからです。 しばしば安定した血圧管理は難しく、日内変動の影響を受けて早朝や夜間に高血圧となってしまう患者もいます。 そういった患者にも安定して降圧効果が望める長時間作用型の降圧剤も開発されてきており、降圧治療は概してうまく行えるようになっています。 おすすめの高血圧治療薬と言えばアダラートCRとノルバスクです。 アダラートCRは高血圧と狭心症に効くので利用者も多く、海外の製品であれば通販で簡単に手に入れることもできます。 同じようにノルバスクも1回の服用で十分な降圧効果を持っていたり、副作用も少なく血糖値や尿酸値などに影響も与えないのでこちらの利用者も多くいます。 アダラートCRと同じようにノルバスクも通販で購入することが出来ますので、現在ノルバスクを使用していてこれからも服用するという方は通販でお得に購入をしてみてはいかがでしょうか?

2019年06月28日
高血圧を抑えるサプリは?

サプリメントは医薬品ではなく、栄養補助食品に分類されています。 あくまで食品の分類なので、医薬品のように直接血圧を下げるような効果はありません。 しかし、漢方薬のように体の機能を回復させて、地固めするように高血圧を改善していける可能性はあります。 体質改善をして、間接的に高血圧を治していくのが目的です。 高血圧改善に効果が期待できるサプリメントには、以下のようなものがあります。 ルチンはポリフェノールの一種で、毛細血管を強くさせる作用があります。 これにより、動脈硬化が起こるのを予防します。 ナットウキナーゼは、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。 ルチンやナットウキナーゼのようなネバネバ系の食品は、血管を強くさせるものが多いです。 カリウムは、言わずと知れた塩分排出に欠かせないミネラルです。 果物に多く含まれていますが、果物は食べすぎれば糖分の摂りすぎになります。 その点、サプリメントならば余分な糖質を摂らずに摂取することができます。 セサミンは、胡麻に多く含まれている成分です。 微小毛細血管の流れを良くして、血液をサラサラにさせる効果が期待できます。 胡麻も血液をサラサラにしてくれるという点では非常に優秀な食べ物ですが、種子なので脂質が多いです。 そのため、食べ過ぎると太ってしまう可能性があります。 なので、足りない分はサプリメントで補充しましょう。 DHAやEPAといった、オメガ3系脂肪酸のサプリメントも血液をサラサラにする効果が期待できます。 血液凝固作用を抑制してくれるのはEPAですが、それにプラスしてDHAもあわせて摂取すると、相乗効果が得られます。 抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにもなります。

2019年06月09日
肺高血圧について 2019年05月30日

血圧測定器

肺高血圧について

肺高血圧は、肺にかかる血圧が高い状態です。 心臓カテーテル検査を行い、肺動脈平均圧が25mmHg以上の場合、肺高血圧症と診断されます。 大人だけではなく、乳児~小児がなる可能性もあります。 肺高血圧症の原因には、肺や肺静脈の異常や、左心室の異常、血栓や閉塞、他の疾患によるもの、などがあります。 厳密に分類すると複雑ですが、一番多いのは肺動脈の異常によって起こる肺高血圧症(PAH)です。 従来までは有効な治療薬がなく、治療をしても効果が出ないことが患者さんの心配を大きくしていました。 しかし、最近になって、血管拡張薬を使った治療が効果を上げています。 診断された場合、利尿薬、強心薬、傾向抗凝固剤、酸素吸入、リハビリ、などの一般的な治療が最初に行われます。 運動制限や避妊などの生活上の注意も言い渡されます。 そして、軽症、中等症、重症の3つに分けて治療薬を使います。 中等症と重症では、注射薬の持続点滴が必要になるケースもあります。 効果が不十分な場合には他の薬を使います。 それでもダメならば、胚移植や手術などが検討されます。 肺高血圧症のメイン治療は、先ほどもあげた「血管拡張薬による治療」です。 肺動脈性肺高血圧症の患者さんは、肺の細い血管が通常よりも狭くなってしまっているので、血管拡張薬によって血管を広げることで治療していきます。 長期間の投薬により、血管壁の構造が改善して肺の圧力が下がって心臓への負担が軽くなることが期待できます。 血管拡張薬のなかには保険適用になる薬もあります。 薬だけで完全に回復するわけではありませんが、ある程度効果があるとされています。 通常の高血圧治療と同様に、食事療法では減塩も必要です。

2019年05月30日